塾長のひとり言

  【2018年9月某日】

 塾生も多数出場した新人戦、卓球にも性格がよく現れる。

 ネットインをした相手に「死ね!」は、ないよ、そんな心の塾生がいると思うと腹立たしい。勝ち上がらなくて正解!勝利の女神は、よく見てる。

 決勝戦の試合は、実にフェアな気持ち良い試合だった。

 マッチポイントで仲良く1本づつエッヂでポイントで決まった。

  【2018年8月某日】

 卓球を始めて5か月、カットマンを目指して1か月の初大会、初勝利の理音、この調子で頑張れ!

 また、カットマン養成所と言われる塾になるかな?

 勿論、攻撃マンも強くならないとそうならないけどね。

【7月某日】

 訪問している各校も試験休みや練習試合で久しぶりの完全休日、プライベートも充実した一日。

 但し全日本クラブ選手権を控えた息子の練習相手をさせられたのには、参った。

 これからもクラブを引っ張り、卓球も勉強も礼節も備えた子供達の育成に奔走します。

【6月某日2】

 市内大会が行われ、途中から入塾した二人、ダブルスで結果を出した。

 二人も嬉しいだろうが、私も嬉しい!

 頑張れば結果は、必ず着いてくる。

【6月某日】

 新チームでのオープン戦 男子2チーム、女子1チーム参戦のはずが、人数足らずで右往左往、極めつけは、ドタキャンが2名出る始末。

 一体私は、何を教えて来たのだろう?

 ネットで成功者の5つの心を知る、よしこれも教えて行こう(人として大事なことだ)

 

卓球をする前に1人の人間だ!間違いない!

 【5月 某日】

 中学生のお姉さんが審判、小学生の妹は、他のお姉さんとダブルスを頑張っている。

 こんな朗らかなクラブもいい感じ。(^o^)

 先ずは、基本「仲良く、楽しく、元気よくだ!」

 でも、強くなる為には、「練習は、厳しく」

 【4月30日】

 古巣 流山アストロズに武者修行に何名かを連れて行った。

 小学生が中心の布陣に5勝10敗、うーん。

 まだまだ、修行が足りん、気持ちでも圧倒されている。

 技術以上に精神鍛錬が必要だな。

【4月15日】

 平成30年度の最初の大会(中学生の団体戦)、皆、頑張りましたが、今一歩で県大会出場を逃しました、何が足りないのだろうか?

 誰か教えて欲しい。

 今週末は、ホープスの県予選だ。もう一度あの舞台へ子供達を連れってやりたい。

 右は、過去の回想、確か青森山田ジュニアと大接戦を演じたメンバーの姿が…。

 

【3月30日】

 平成29年度も後1日、なかなか勝てるチームになりません、礼儀作法、気配り、何も出来ません、何から教えたら良いのやら…。

 いつまでも自分が、用具類を担いで行くしかないでしょう。

 自ら気づける選手になった時に世界は、変わるだろう。

 【3月7日】

 3月、新しく小学4年生の女の子の塾生が入って来ました。

 やった!これで今年もホープスのチームが組める。

 また、一からだけど頑張ろう!

【3月17日】

流山サーキットに2度目の参戦、同士討ちの1コマ、大きな大会の決勝戦で戦えるようになればいいな。

 まだまだ、頑張らないと・・・・。

 ホームの鎌ヶ谷オープンに参戦、うーん、

まだまだ、勝負にならない。

 しかし、経験は、大事だ!

 負けても負けてもオープン戦にチャレンジしていこう!